日々の事

Posted on 2015-12-15
シカ革利用の取組み

近年急増しているニホンジカとの共生は長野県の大きな課題です。

その課題解決のためには、獲ったシカを資源として有効活用することです。

現在も肉はジビエとして活用されていますが、皮はほとんど活用されることもなく

多くは廃棄処分されています。その皮を革に仕上げて流通に乗せて有効活用を図りたいと

考えました。

シカのやわらかな手触りの革は、使えば使い込む程風合いも増し、より味わい深い製品になりました。

002

Posted in 日々の事 | Comments Closed

Related Posts